ルート配送の面接のポイント

自分を知ることで面接を乗り切る!

ルート配送の仕事に限ったことではありませんが、面接で志望動機を訊かれることはよくあります。「あなたはなぜ、この会社で働きたいのか」という質問にすぐに答えられますか?「なんとなく募集要項が目に入ったので」と答える人も中にはいるかもしれませんが、ぼんやりとしたきっかけはあったはずです。応募するきっかけとなった出来事をメモに箇条書きにして、自分の頭の中を整理してみましょう。面接で使えるフレーズを探してくださいね。 「会社があなたを雇うことになったら、会社にはどんなメリットがあるのか」ということを考えてみましょう。自分の長所は何ですか?何が得意ですか?考えても浮かばなければ、家族や友達に聞いてみましょう。自分では気が付かなかった意外なことが、他人からみたら長所に映っている可能性があります。資格や免許については、履歴書に書ききれなかった詳しい内容を口頭で説明しましょう。強みになることはすべてアピールして、面接官の印象に残る答えを準備すると良いです。 過去の事故歴や交通違反について聞かれたら、正直に答えましょう。嘘をついて受かったとしても、その嘘がいつ発覚するかわかりません。毎日怯えながら働くことになります。もし、過去に事故を起こしたり、交通違反をしてキップをきられたりしていたら、正直に答え、現在どのように過去の過ちを繰り返さないようにしているかということも説明しておきましょう。

清潔感のある服装で第一印象を良くしよう!

ルート配送のドライバーは動きやすい作業着で仕事をしていることが多いので、「面接でも動きやすい服でもOK?」と思う人がいるかもしれませんが、きちんとスーツを着ていきましょう。体にあったスーツを持っていなくても、清潔感があれば大丈夫です。アイロンでシワを伸ばし、ゴミやほこりを払い落としましょう。シワのないスーツ、整えた髪型と手入れの行き届いた革靴。第一印象はこれで安心。自信をもって面接に挑みましょう。

会社に入る前に最寄り駅のトイレの鏡で自分の姿を最終チェックすることをおすすめします。鏡に映ったあなたは、面接官から見たあなたです。髪は乱れていませんか?清潔感はありますか?身だしなみが整っているのを確認しましょう。緊張して呼吸が速くなっているのに気づいたら、速度を落とします。ゆっくりと呼吸をすることに集中することで、緊張が緩和されますよ。

面接の最中は、背筋を伸ばして面接官の目の少し上あたりを見るようにしましょう。口角を少し上にあげるように意識すると、表情が和らぎます。表情が和らぐことで緊張が緩和する効果もあるので、頭に血がのぼっているのを感じたら、試してみてください。ルート配送のドライバーは、トラックを運転するだけではなく、得意先の人とも仕事のやりとりをしなければいけません。普段から微笑む練習をして、人当たりのよい表情を作れるようにしておきましょう。

© Copyright The Work Of Route Delivery. All Rights Reserved.